キャピタルゲインとインカムゲイン

株主のメリットは、資金の管理運営によって発生するキャピタルゲインとインカムゲインと呼ばれる利益にあります。売買をする際の株価の差額によって発生する値上がり益がキャピタルゲインです。手数料や税金などで実際の利益よりも手取り金額は少なくなりますので、利益を出すためには、それをも考慮した上で投資する必要があります。また、借りた株を空売りし、安く買い戻す際の差額の利益のことも指します。インカムゲインは資金株といわれ、配当金、株主優待と呼ばれる利益になります。配当金は企業が出した利益の一部を株主へ分配して還元するお金になります。配当金を出す時期は企業によって異なりますが、9月と3月に出すところが多く、注意すべき点は、配当金を受け取るための権利確定日に、1日でも良いので株主として株をを保持していることが条件です。また、他にも株数などの条件が提示される場合もありますので、よく確認する必要があります。この日の翌日は権利落ち日と呼ばれ、定められた期間内に保有していない場合は配当金をもらうことはできません。注意すべき点は、権利確定日に登録をしたのでは手続きの関係で間に合いませんので、登録手続きにかかる期間も念頭に置くことです。権利確定日は企業によって違います。また、配当金の回数や割合も違いますので、高い配当金をもらえる企業を狙って株主となることで、高い利益が期待できます。しかし、1日でも株価は変動しますので、リスクが生じる場合もあります。配当金以上の損失が出る可能性がありますので、株価の値動きも考慮した上で配当金を受け取れように注意が必要です。株主優待は、企業から投資のお礼として贈られる、自社製品や優待割引券などの利益になります。こちらも権利確定日があり、株主優待を受けることができる株数や、持ち株数によって貰える商品の内容が異なる場合もあります。企業のPRとしての意味もあるようですが、個人投資家には魅力的な利益です。配当金や株主優待を得るためには、値動きの激しい銘柄ではなく、長期的に見て安定していて、安定して配当をくれる銘柄を選ぶことが必要です。利益が有り、安定しているように見える企業でも、将来の設備費などに資金を当てるために、株主への配当や株主優待を還元しないところもありますので、こちらもよくリサーチをした上で選ぶ必要があります。また、株主は資金提供をしている実質上の会社の所有者ですので、所有している株数によっても異なりますが、株主総会で議決できる権利もあります。ただし、ミニ株やプチ株など、規定の単元に満たない株の所有の場合にはこの権利ない場合もありあます。

IPO申し込みに必要な資金繰り

IPOを申し込もうと思ったら、まず証券会社に口座を開かなければなりません。またIPOで利益を得ようと思った場合にも無一文から始める、というわけにはいきません。IPOに限らず、何かを始めようと思い立った時には、それなりの資金が必要になってきます。複数の証券会社に口座を開き、IPOに参加するためには、まず口座を新規で設ける際の資金が必要です、さらに、各証券会社に頻繁に振込みを行わなければなりません。支出ばかりでなく、次のIPOに申込むために、振り込んで貰う、というケースも多くなってきます。こちらから振り込む場合、件数が増えれば増えるほど、振り込み手数料というものは決してバカにならない金額になってきます。そこで、この振込み手数料が無料になったり、かなり安い手数料で振り込めるネットバンクの口座も開設しておくと、振込み手数料の節約ができて、長い目で見ると非常に経済的だ、ということになってきます。証券会社によっては、ネットバンクを指定して提携しているところもあります。 また、ネットバンクの特徴として対応が早いので、手数料のことはさておき、急を要する時には、非常に助かります。口座の開設が終了して、IPOで株を手に入れようと思った場合には、できるだけ多くのIPOに申込まなければならないのですが、ここで多くの人が直面する困った問題が、資金繰りの問題です。IPOの場合、当選したケースのみ資金を入金する、ということができればいいのですが、実際には抽選の前に資金を口座に入れておかなければなりません。特に複数のIPOに申込む時に、抽選の日程が重なっていて資金的に申込めないということも出てくるかも知れません。では何故、抽選前には資金を入れておく、というシステムをとっているのでしょう。これは、抽選後に入金、ということにすれば、手持ち資金ゼロであっても、誰にでも申し込みは可能ということになって、いたずらに競争率がアップしてしまうので、それを防ぐためだといわれています。通常、申込み締切日の翌日くらいまでに抽選、ということが多いようです。もしここで落選すればこれ以上の資金は必要ではなくなります。また株式の公開日も、抽選が行われてから2〜3日後に設定されていることが多く、公開後、すぐに株を売却してしまえば利益になり、口座の残金だけを見るならば、非常に短期間の資金固定で済むことになります。多くの銘柄だけでなく多くの株数を、多くの証券会社から申込んだ方が当選の可能性は高くなります。短期間のキャッシングなども無理なく上手に利用して、多くのIPO株に申込む、ということも一つのやり方かも知れません。

中国株

中国株は今注目されている株の一つです。中国というのは、今目覚ましい経済発展を遂げている国の一つで、今の日本とは違った経済状態にあると言われています。かつての日本が経済途上だったころに、経済発展したのと同じように、今の中国も目覚ましく年々経済発展をしているのは間違いありません。日本は経済が発展して、落ち着き、その結果として景気も悪くなっているのが現状ですが、今の中国というのは、かなり経済成長が急速に進んでいるので、中国の株を買うことで、利益をこれからどんどん増やすことができるチャンスと考えられています。昨年は、北京オリンピックも開かれて、中国の経済はまだまだ右肩上がりで発展して行くと言われていますから、日本人も、お隣の中国のこの経済状態を少しでもあやかって、利益を増やそうと考えている人は多いと言われています。経済の影響をあやかるためには中国株を購入するのが効果的です。中国の大きな会社の株というのは、日本の大手企業の株に比べてみるとリーズナブルな価格で購入できるというのがメリットの一つです。そしてまだまだこれから急成長するというのびしろがあると考えられている中国株ですから、今のうちに、安い値段のうちに、購入しておくことで、これから先もっと株価が上がると見込まれています。中国株を購入するにあたっては、中国で買わなければいけないことはありません。日本でも、証券会社が、中国株を取り扱っているというケースが年々増えつつありますので、証券会社を選ぶ際に、中国株を取り扱っているところがあるかどうか確認して選ぶといいのではないでしょうか。中国株を始めてみたいと思った人は、証券会社で、中国株を取り扱っているところをまずは選ぶことから始めましょう。その上で情報収集を色々と行って、日本の株との違いや、中国株の特徴を勉強した上で実際に取引をした方がいいと思います。2008年に中国で大地震が起き、その際は、一時的に中国株の価格が下がったために、少し心配をした人も多いと言われていますが、それからは、株の値段も安定していますし、復興作業が進むにつれてまた経済状況も安定して右肩上がりになる可能性は十分にあります。株取り引きで一味もふた味も違った楽しみ方をして、国の将来に投資してみたいと思っている人は、今中国株がホットですから、中国株を選ぶようにして取引をスタートさせてみると、今すぐの利益ではなく、将来、数年後の株価が必ず上がるのではないでしょうか。